ECC編入学院TOP >> コース案内 >> 理系編入対策コース >> 理系レギュラー講座

理系レギュラー講座
コース案内

頻出事項の把握と演習量で、効率よくレベルアップを実現!

12月から7月までが学習期間です。前半は頻出事項の把握と大学1・2年生レベルの問題演習を並行して行い、抜けのない知識や記述力、計算力を養成します。後半に入ると、重要事項の総整理を行うとともに、試験傾向を意識したより実践的な問題演習を実施し、これまで得た知識を実践で通用する応用力へと鍛え上げていきます。物理・生物・数学・英語とバランスよく学習し、合格を勝ち取りましょう!

各教科の学習テーマ

01

理系英語 ~実践力を身につけ本試験を突破!~

理系編入学試験で頻出の自然科学系分野の英文に多くふれることで読み慣れてください。同時に、分野独自の語彙・イディオムも把握しておくと良いでしょう。英作文が出題される大学もありますので、しっかり対策しておく必要があります。
過去問題を解いて、記述問題については、講師の添削を受け、実践力を身につけてください。授業内容を繰り返し復習することで、しっかり定着させましょう。

02

理系専門 ~頻出問題を押さえて幅広い対策を!~

数学では、大学1・2年次で学ぶ「微分・積分」と「線形代数」が編入試験の中心となりますが、「複素解析」「確率・統計」分野も出題されています。一方物理学では、理論の理解と数学力が不可欠となります。数学同様、重要事項の要点を整理し、問題演習を取り入れて学習を進めてください。「力学」と「電磁気学」が必須項目。また生物学が必要な大学にも対応しています。論文を課す大学に向けて、理系小論文を受講することも重要です。

講座一覧 (講座名をクリックすると詳細が御覧いただけます。)

各講座の募集要項・授業料などはこちら

理系編入対策講座ラインナップ





ページトップへ

Copyright c ECC. All Rights Reserved.