理系レギュラー講座

コース案内

頻出事項の把握と演習量で、
合格へ導きます!

編入学試験と言っても、大学入試に変わりはありません。今の自分の学習状態・学習能力を客観的に把握し、志望大学合格に要求される水準に到達するためには“何をどのように”学習していくべきなのか、という具体的な方法論をまず考えなくてはなりません。
編入学試験において合否を分けるポイントは、『理解の深さ』にあります。各科目の基礎をしっかりと修得したうえで、応用レベルの知識の運用能力が求められます。
“編入専門の予備校”としての長きにわたる指導経験の中から、試行錯誤の末に作り上げられたECCのカリキュラムは、最短ルートで皆さんを編入試験合格へと導きます。
“知っている”から“理解している”へと、効率よくレベルアップを実現し、合格を勝ち取りましょう。

理系編入・本試験までの流れ

学習テーマ

  1. 理系英語実践力を身につけ本試験を突破!

    ECCオリジナルのテキストを使用して学習します。ここでは理系編入試験で頻出の自然科学系分野の英文に数多く触れることができますので、分野独自の語彙やイディオムも効率よく把握することができます。また、英作文もカバーされていますので、このテキストを仕上げることができれば、合格に必要な英語力は確実に身につけられるでしょう。

  2. 理系専門頻出問題を押さえて幅広い対策を!

    各講座ともに、編入試験突破に向けて必要な学力を効率よく身につけられるカリキュラムになっています。どの講座も難関大学の頻出項目に的を絞り、重要ポイントを整理しつつ、問題演習を行っていきます。

講座一覧

英語

小論文